園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

10
月の言葉

10月は運動会など、さまざまな戸外活動が行われる月です。

これからは涼しい日々の生活に戻りますが、やがて入園説明会や願書のことなど、私たちは来年度の幼稚園の準備にも向き合わなければなりません。

また、その後には、キリストの誕生を祝うクリスマス行事や、昔から毎年祝われている、七五三の行事が控えています。

その他にも、最近は世界中の子供たちが楽しむ、サンクスギビング が待っていますが、これは日本の暦では、11月23日の勤労感謝の日にあたります。

この日は、私たちを一年間守って下さった神さまに感謝し、幼稚園で受け取ったいろいろなお恵みに感謝しましょう。

10月はまた、美しい月です。辺りの自然が日毎に変化して、私たちは毎朝、前日とは違った新しい自然の姿に出会います。

あるアメリカ人の作家が、秋について以下のように書いています。

秋には、見えてきます。
秋には、聞こえてきます。
秋には、味がしてきます
秋には、香りがしてきます

秋は自然が目まぐるしく変わります。さあ、目を開いて見てみましょう。

木々の葉が緑色から黄色に変わり、やがて真っ赤な夕日の色に変わります。その美しく輝かしい木々の姿を楽しみましょう。

秋は小鳥たちも、独特な声で歌います。彼らの声に耳を傾けてみましょう。

辺りの自然は、やがて訪れる冬の支度を始めます。その香りを楽しみましょう。

自然は静かに衰えながら、私たちには、来年度のために引き続き活動的であるようにと教えています。

二学期は実質、2018年度の終りをもたらします。

この新しい学期に、喜びと新たなエネルギーで立ち向かいましょう。

秋の日々を楽しみながら、キリストが生まれたクリスマスに向けて前進しましょう。

そして、キリストが亡くなって復活する日に向けて前進しましょう。

復活は新しい命、永遠の命をもたらします。




園長 ギ・モリセット
2018.10.1


 

このページのトップへ