園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

3月の言葉

3月は学年末の月ですが、私にとっては、過ぎ去った1年を振り返り、お世話になった人々や委員会に感謝する月です。

今月卒園する年長さんは、新たな小学校生活に向かい、大人になる第一歩を踏み出します。

私は彼らが、この1年の間に行なった全てのことに感謝します。

幼稚園のさまざまな活動に協力して、懸命に働いて下さった実行委員会と運営委員会の方々に感謝します。皆さまのおかげで、幼稚園の生活が楽しく魅力的なものになりました。全てが誠にありがたく、 心から御礼を申し上げます。

さゆり幼稚園の精神と方針、建学の精神の理解に努めて下さった、ご父母の皆さまと子どもたちに感謝します。

ご父母の皆さまには、母の会の方針に沿い、毎月の授業料を通して幼稚園を支援して下さり、また、学校法人、聖マリア学園全体を支えるため、たくさんの奉仕をして下さいました。誠にありがとうございました。

最後に、さゆりの先生方にも感謝します。全ての人々の幸せのために一生懸命働いて下さいました。

カトリックという環境における教育の可能性を追求し、子どもたちが将来、より良い社会のより良い市民になるよう指導して下さいました。また、子どもたちが運動会や遠足、サマースクールなど、幼稚園における全ての活動に楽しく参加できるよう、努力して下さいました。また毎朝の祈り、食前食後や帰宅前の祈り、さらには七五三を祝う聖式やマリア様の祝日、クリスマス行事や親子誕生会など、さまざまな宗教行事にも進んで協力して下さいました。これら全てに、深く感謝しております。

2017年度卒園生のため、神に感謝し、彼らの将来の計画が祝福 されるよう、祈りましょう。

全ての人々に神の祝福がありますよう、お祈りいたします。


園長 ギ・モリセット
2018.3.1

 

このページのトップへ