建学の精神

さゆり幼稚園の建学の精神は、「カトリック的世界観にのっとり、幼児の心身の発育をはかり、家庭での教育としつけを助け、有能な社会の成員を育てる」ことにあります。



[A]教育の基本原理

人間は時代や国の相違にかかわらず、本質的に異なるものではありません。したがって、教育の基本原理は、あらゆる時代、あらゆる国に共通なものであります。さゆり幼稚園は、この原理に基づいて、特に次の諸点を重視します。

(1)幼児の教育は、両親の責任です。両親は幼児に完全な教育を受けさせるために、これを幼稚園にゆだね、その教育の責任を幼稚園とともにわかちあうものです。

(2)さゆり幼稚園は、宗教教育によってキリスト教的精神を理解させ、神に対する感謝の心情を育成します。

(3)さゆり幼稚園は、洗練されたせんさいな指導を通して、幼児期にふさわしい自律の精神と、他に対する同情と協調の精神をつちかい、知性の発達と創造性の育成に努めます。

(4)さゆり幼稚園は、五領域(心身の健康、人との関わり、表現、言葉の育ち、環境)をもって、日常生活の身近な、あらゆることを通して、一人ひとり幼児の特性を大切にし、幼児にふさわしい教育をめざしています。



[B]教育方法

さゆり幼稚園は、その教育使命を全うし、ゆだねられた園児の育成にふさわしい教育環境の整備に努めるとともに、次の諸点を特に配慮します。

(1)楽しく健康で安全な生活をさせ、調和のとれた日常生活の基本的な習慣を育てます。

(2)自律の精神をつちかい、積極的に集団生活に参加させるように努めます。

(3)絵画・童話を用いて正しいことば遣いを習得させ、読書に対するきょうみをひき出すように努めます。

(4)自然の観察を通して、自然と外界の事物に対して関心をたかめます。

(5)音楽リズム・絵画製作を通して、創造と工夫の精神を育成します。

 


[C]さゆり幼稚園の教育の特色

(1)個々の園児の態度と行動をつぶさに観察し、保護者とたえす連絡をとり、家庭における教育に寄与いたします。

(2)保護者と教師とは密接に連絡をとり、園児の個人として、また、集団の成員としての特性の発見に努めます。

(3)園は家庭とのふれあいに努めます。それは保護者が幼稚園行事に積極的に参加することと、毎日の幼児教育に対する理解と協カによって全うされます。

(4)保護者の希望によるキリスト教教義の解説、さらに、保護者同伴で宗教行事に参加していただくことは、園児の育成のためだけでなく、家庭の幸せを思う園の配慮です。

(5)園は保護者会を開催し、保護者相互の研修・扶助・交流を通して、社会に頁献します。

朝礼の風景

このページのトップへ