あゆみ・沿革

さゆり幼稚園のあゆみ

昭和31年:開園。
幼稚園誕生の地は、根岸加曽台。青い海を見渡せる眺めのよい高台に古い日本の建物をそのまま園舎として開園しました。

昭和43年7月7日:園舎新築落成。
滝之上2番地、荒井司教様をお迎えして園舎の祝別を行いました。

昭和49年9月:永年希望の3才児保育が始まりました。

平成18年12月3日:さゆり幼稚園創立50周年を迎えました。





沿革

さゆり幼稚園は、学校法人聖マリア学園によって設立されています。同法人の母体は、キリスト教教育修士会というカトリック教育修士の団体であります。歴代の園長は、キリスト教教育修士会によって任命された会員の修道士です。

キリスト教教育修士会とは、イタリア・ローマに本部をおき、1817年、ジャン・マリー・ド・ラムネ氏が創立した男子青少年教育を目的とした教育修士会で、現在会員2000名を有し、フランス、スペイン、イギリス、イタリア、アメリカ、カナダ、アフリカ、南米、日本、フィリピンなど世界各国で、その国の法律に従いながら、積極的な教育活動に励んでいます。その理念はあくまでキリスト教精神、特にカトリックの世界観に基づく倫理教育をその土台として、人格の尊厳と愛の精神をもって普遍的な人間愛をめざす教育方針をとっております。

本会の日本に於ける教育活動は昭和29年東京の世田谷区に、国際聖マリア学院を設置したことに始まります。昭和31年にはさゆり幼稚園を、昭和33年には横浜聖光学院を、そして、昭和44年には静岡聖光学院を設置し、現在に至っています。

マリアさま
このページのトップへ