園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

3月を迎えるにあたり

園長 ギ・モリセット



春は辺り一面がキラキラ輝き、さまざまな活動が新たに始まります。私はそんな春の訪れを歓迎します。春ほど、その訪れが嬉しく感じられる季節はありません。

この冬は日本の北西部に記録的な大雪を残し、日本中が記録的な寒波に襲われました。そんな冬の後に来る春は、誰にとっても、大きなお恵みです。

春はまた、3月17日に卒園式を迎える年長さんに、最高の幸せを運んできてくれます。この日に卒園する園児たちは、いよいよ自分の翼で飛び立って行きます。そして、幼稚園で過ごした3年間の努力の結果が、この時に分かります。

生まれて初めて家庭を離れた幼稚園での生活には、ときどき大変なこともあったでしょう。でも、これからは幼稚園よりもっと大きな世界に船出して行くのです。小学校に入れば、新しい先生やたくさんの友達に出会います。

今は美しく素敵な春です。小学校での新しい生活は、きっと素晴らしいものになるでしょう。今とは違う大人の世界に向かって、新たな一歩を踏み出すのです。

年長さん、おめでとうございます。さゆりでの3年間を、楽しく過ごしてくれてありがとう。皆で一緒に春の訪れを喜びましょう。神さまが皆さんの新しい生活を祝福し、皆さんを事故から守って下さるよう、お祈りします。

この春に卒園する日本中の幼稚園生と、心を合わせて歌いましょう。

 

一年生になったら
一年生になったら
一年生になったら
一年生になったら
友だち百人できるかな
友だち百人できるかな、百人で食べたいな
百人で食べたいな
富士山の上でおにぎりを
富士山の上でお握りを
ぱっくんぱっくんぱっくんと




園長 ギ・モリセット
2017.3.1

このページのトップへ