園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

新年度のスタートに…

園長 ギ・モリセット


四月は多くの新しいものを運んでくる月です。

自然界の花や鳥には新しい命が生まれ、幼稚園には新しい園児が入ってきます。

新入園児と保護者を迎えるさゆり幼稚園は、命と魂が新しく生まれかわり、新しい年度を喜びに満ちてスタートさせます。

ほとんどの新入園児が最初の数日は、家や家族から切り離されたことに不安を感じ、家に帰りたがって泣きます。

しかし、子供たちには間もなく、家族と離れた代わりに新しく友達が見つかり、新しい世界が開けてきます。

新しく友達ができた子供たちは、最初の津波が去った海のように、ふたたび穏やかな気持ちに戻ります。

子供たちの友情は、簡単には壊れません。

アメリカのある雑誌に、友情に関する以下のような言葉がありました。

「友情は貴重です・・・あまりに貴重で、壊れることがありません・・・友達がいるということは大きな恵みです・・・友達は失敗を分担してくれ・・・重荷を共に担って・・・愛してくれます・・・友情は感謝を教え・・・喜びをもたらし・・・永遠に続き・・困難を取り除き・・・平和と愛をもたらしてくれます・・・」

幼稚園生活では、最初の嵐が過ぎ去った後、上のような友人関係が生まれます。

子供たちは幸せな気持ちになって、新しい友達をたくさん見つけます。

毎朝、先を争って教室に飛び込んできて、「おはようございます!」「おはようございます!」と、大きな笑顔で先生に挨拶します。

新しい年度の始まりにあたって、さゆり幼稚園は、新入生と保護者の方々を心より歓迎いたします。

これから年間が、幸福と喜びに満ちた月日となりますように。




園長 ギ・モリセット
2016.4.1
このページのトップへ