園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

12月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


クリスマス・シーズンは、子供だけでなく大人にとっても、喜びに溢れています。

ショッピング・センターは イルミネーションで明るく輝き、クリスマス・プレゼントが素敵に並べられています。

街角のあちらこちらには、サンタクロースも飾られています。

さまざまな種類の装飾ランプが、夜間ずっと輝いていて、クリスマス・ソングが夜遅くまで聞こえてきます。

コンサートがあちこちで催されます。このような雰囲気の中で、子供たちは創造力を働かせ、たくさんの絵を描きます。

この時期になると、あたりの雰囲気や街通りの様子が普段とは違って、なにか特別なもので溢れています。

それはクリスマスのスピリット、つまり、喜びと嬉しさに溢れたスピリットです。

そして、そこにはなにか神秘的なものがあります。どうしてでしょうか?

それは、クリスマスが非常に“精神的なできごと”だからです。

 クリスマスは先ず、“キリストが私たちのために生まれた”という“喜びのとき”です。

クリスマスには、誰もが知っているクリスマス・ソングが聞こえ、また宗教曲のコンサートが開かれます。

多くのデパートやホテルやレストランでも、クリスマス・コンサートが催され、とてもよい雰囲気を作り出しています。

次に言えることは、クリスマスが記念すべき日、つまり誕生日だからです。

誕生日には贈り物をしたり、食後にデザートのケーキが出てくる特別な食事をします。

日本では、特別に注文したクリスマス・ケーキをクリスマス・イヴに食べて祝いますが、クリスマスはキリストの誕生日です。

三番目の理由は、このクリスマスの祝いが霊的で神秘的なものであることです。

クリスマスは救いの日です。

キリストは、この世を罪深い状態から救うために来られたのです。

彼が生まれたのは病院でも旅館でもありません。

その日は泊まる宿もなく、彼は小さなまぐさ桶の中で、非常に貧しい状態で生まれたのです。

そして、大勢の人々が調査のためにベツレヘムに集まりました。

クリスマスには、宗教曲が聞こえ、ろうそくやイルミネーション、星や教会が見られます。

キリスト教の教会では、ベツレヘムの馬小屋が飾られますが、この馬小屋が教会行事の中心なのです。

讃美歌のメロディや宗教曲のコンサートは、教会の最大のアトラクションになります。

私たちは、クリスマスがキリストの誕生日であることを忘れてはいけません。

キリストは私たちを罪深い状態から救い出し、新しい希望を私たちに与えてくれます。

これを読んでいる方々に、「クリスマス、おめでとうございます」と申し上げます。

また、今は世界中で戦争を起きていますが、それでも皆さんが、平和な日々を送れるよう祈ります。

園長 ギ・モリセット
2015.12.1

このページのトップへ