園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

4月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


あるアメリカ人女性が、キリストと子供たちについて、
次のような詩を書いています。

昔、昔、イエスが
道端に座って弟子たちに言いました。
「さあ、子供たちを呼びなさい。
そして、私のもとに連れて来なさい」
子供たちは皆、
目を輝かせて走って来ました。
そして、イエスの脇に座り、
彼の膝の周りに群がりました。

私もそこに居たかったです。
私は見たかったです、
子供たちが寄ってきたときの、
イエスの微笑む顔を見たかったです。
私は聞きたかったです。
イエスが草むらから
子供たちに微笑みかけ、
一人一人の名を呼んでいる声を。


4月がやってきて、子供たちは幼稚園に戻ってきます。
よく知っている顔も知らない顔もあります。
皆、喜んでさゆりにきます。
私たち職員はキリストのように子供たちを迎えます。数週間のお休みをとった年中さんと年長さんも、皆、嬉しそうです。
年少さんの中には、環境が変わって、今まで知らなかった経験をしなければならないことを悲しがる子供がいますが、まもなく、新しい環境の中で新しい家族に慣れて、皆と一緒にいることを楽しむようになります。
一方、年長さんも新しい友達や新しい先生に出会います。
彼らは態度や気持ちが新しくなって、年長であることの責任感が芽生えて成長します。 園長も先生たちも彼らの成長を喜びます。
桜の花が満開になるように、全てのことが新鮮で新しくなります。
辺りは新鮮な空気に包まれ、新しい生活が始まります。
皆が新しい学年の始まりに対する用意ができています。
それは春の香りです。
花々が戻ってくる香り、新しい先生と過ごす新しい精神の香りです。
さゆりファミリーの全職員は、2015年から2016年にかけての全生徒、全保護者を歓迎し、子供を愛するイエスに祝福をお願いします。

さゆりファミリーへようこそ。

園長 ギ・モリセット
2015.4.1

このページのトップへ