園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

2月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


つい数週間前に2015年の新しい年が始まったばかりでしたが、もう2月を迎えてしまいました。

時は大変な速さで進んでいます。

私たちの人生も同じです。

1年が終わったかと思うとすぐ、次の年がどんどん進んでいます。

時間があっという間に過ぎてしまうので、人生で最も大切なことについて、ゆっくり考える暇がありません。

ですから、今私に与えられたこの貴重な時間を使って、さゆりファミリーの人々にお話したいと思います。

私たちは同じ家族ではありませんか。私たちは同じ問題や責任を抱え、また同じ希望を持っていますね。

さゆりは私の人生の一部ではなく、私の人生そのものです。私にとって最も大切な宝である子供たちがそこにいるからです。

私たちは皆、子供たちのために、健全でしっかりした教育を望んでいます。私たちは彼らの不安や喜びを分かち持たなければいけません。

この幼稚園の行事の目的は、子供たちが同じ家族であることを理解できるようにすることです。子供は一人ぼっちでありません。また250人の子どもの保護者も一緒です。

お楽しみ会では、子供たちが演技や遊戯をして楽しみます。今月はそれが行なわれる月で、子供たちは演技したり歌ったりします。

彼らは言葉やメロディーを覚えなければなりません。子供たちの幸せは彼らのものであると同時に、私たちの幸せでもあります。

私には子供たちの喜びがよく分かります。私も子供たちと一緒に幸せな気分になります。私はステージの上で演技する子供たちを見るのが好きです。

私たち大人は、子供たちの行ないや演技を、子供の目線で評価する必要があります。もちろん完全なものではありませんが、彼らは100%のエネルギーを注ぎ込んで演技します。

これこそ完璧というものです。この2月は、子供たちの努力を励まし、喜びや楽しみを子供たちと分かち合いましょう。

お楽しみ会は2月12日と13日です。この日は、この一年のあいだ他の子供たちと一緒に生活し、遊んだり演技したりした努力が実を結ぶ日です。

友達と共に生きる努力をした一年間を仕上げる戴冠式の日です。あなたがそこに居て褒めてあげることは非常に大切なことで、それこそ子供たちを非常に幸せな気持ちにします。



園長 ギ・モリセット
2015.2.1

このページのトップへ