園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

10月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


決断の月

入園の時期を迎える子供を持つ保護者にとって、10月は幼稚園を決断する重要な月です。この時期になると、どこの幼稚園でも説明会や見学会が開かれます。我が子に最適な幼稚園を見つけて、子供の将来にとって大切な、願書を提出する時が来ました。
良い教育を与えたいと願う保護者の思いは、どうなってゆくのでしょう? 決断する責任が保護者の肩にかかっています。

幼稚園は知識だけでなく、恵まれた環境の中で心も成長する教育施設です。幼稚園にはまた、明日の社会を担う市民に子供を育てる重要な役割もあります。

そこで、“さゆり幼稚園”が大切にしている“三つの主要な方針”について述べてみます。

  1. さゆり幼稚園はカトリック(キリスト教)の幼稚園ですので、心(愛)や道徳の基本を教え、子供の将来に向けた方針を示します。クリスチャンになることを強要することはありませんが、キリスト教的な価値観と、“愛”に対する子供なりの理解ができるような環境を造っています。
  1. さゆり幼稚園では、新鮮な空気を吸って香りを楽しめる恵まれた環境の中で、子供たち自身がのびのび成長できます。園舎が改装されて、広い敷地で、学びや遊びに相応しい快適な場所があります。
  1. さゆり幼稚園では、全職員がすべての子を大切に育てます。建学の精神に則って、園児一人ひとりの個性を尊重し、その子に相応しい教育を目指しています。

 

幼稚園を選択する保護者の皆さまには、重要な決断の前に、上記のような“さゆり幼稚園の方針”について考えてみることをお勧めします。さゆりでは、10月15日に説明会が開かれ、願書の受付は11月1日に始まります。私たちは保護者の皆さまと子供たちを温かく歓迎いたします。


園長 ギ・モリセット
2014.10.1

このページのトップへ