園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

7、8月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


すでに七月に入りました。まもなく八月もやって来ます。子供たちには、この二か月が特別な意味を持っています。休暇をとって休息する毎日、家族と一緒に過ごす毎日です。また、神さまが子供たちを、ご自分の造られた自然の音に耳を澄まして感動するよう招いておられる時でもあります。

一学期中、一生懸命に活動した子供たちには、家族と一緒に過ごす二か月間の休みが必要です。子供たちがよく休むためには、家族が非常に大切です。祖父母の住む田舎へ行くのも、家族同士の付き合いがある友人の家を訪問する旅行も良いでしょう。夏休みは家族の絆を強める絶好の機会です。

子供たちは自然に対して敏感で、自然の音を聴くのが好きです。彼らは森の隅ずみまで出かけて行って、生命がみなぎる森の囁きから様々な音を聞き分けます・・・忙しく動き回る昆虫のハミング、小川や湖に流れる水の音、木々の間にそよぐ風の音を楽しみます。

また、灌木の茂みに静かに降る雨の音、森に染みる蝉の声、夏の日を喜んで早朝から囀る鳥たちの平和な歌声、これらはどれも自然への招きです。子供たちは探検が好きです。種々の花々が花壇を飾る7月と8月は、私にとっても最上のときです。神が創造されたものを賛美しやすい美しい季節です。

七月と八月の二か月、子供たちは家族、特に両親と一緒に自然を楽しむことができます。この美しい国のあちらこちらで、夏祭りがいろいろ催されます。

日本と言う名の美しい天国で、子供たちに自然の美しさを楽しみ味わい、感じさせてあげましょう。そこには神さまがおられます。この美しい自然を描いたのは神さまです。

園長の言葉

子供たち全員がゆっくり休み、九月には新たなエネルギーで様々な活動に参加できるよう、そんな子供たちに会えるのを楽しみにしています。どうぞ、よい夏休みを!

園長 ギ・モリセット
2014.7.1

このページのトップへ