園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

5月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


 五月は、カトリック教会の暦ではマリア様の月に定められています。多くの祈りがマリア様を通して天国に届けられ、子供たちが特別に保護される月になっているのです。

園長の言葉

 さゆり幼稚園の子供たちは、マリアさまについてよく知っています。五月は自分のお母さんの日、つまり母の日がありますから、この年齢の子供たちでも理解しやすいのです。

 五月は特別な心でマリア様を信仰する月です。世界中のカトリック信者が、教会でも家庭でも、天の女王であるマリア様を崇拝する特別な祈りを熱心に捧げます。この習慣は13世紀の末に生まれ、その後、世界中に広がりました。

さゆり幼稚園にも、マリア様が関係する祝いの行事がたくさんあります。12月には大きな祝いが二つあります。一つはマリア様に花束を捧げる行事、もう一つはマリア様が重要な役割を果たすクリスマス行事です。

 また、この幼稚園にはマリア様の像がたくさん置いてあります。卒園式と入園式では檀上に置かれ、各教室と先生たちの部屋にも置かれています。そして、マリア様の像の前を通り過ぎるときは、いつもお辞儀をすることになっています。また、運動場にも大きな白いマリア像が設置してあります。

 今月はマリア様に祈りを捧げて、全ての子供や先生たち、ご両親や卒園生たちを守って下さるよう彼女にお願いしましょう。


園長 ギ・モリセット
2014.5.1

このページのトップへ