園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

12月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


毎年12月は、特別な精神と贈り物を携えてやってきます。

クリスマスは耳に心地よい( クリスマスの音楽やクリスマス・ソング)
クリスマスは目に楽しい(イルミネイション、大小のクリスマス・ツリー、サンタクロース、プレゼント)    
クリスマスは食べ物が美味しい (クリスマス・ケーキと家族の集まり )
クリスマスは、特別な喜び (イエス・キリストの誕生日, 飼い葉桶と幼いイエス)
クリスマスはあたりが清らかな喜びに包まれる。

しかし、キリスト教の幼稚園であるさゆりにとって最も大切なものは、子供たち、先生たち、そして、さゆりファミリーの全メンバーの心です。

イエスは私たち一人ひとりのために生まれました。
この世を救い、この世の闇に光をもたらすために来られたのです。
クリスマスには子供も先生も、みなが歌を歌います。

静かなこの夜、聖なるこの夜、
神の子イエス、清らかな光
夜明けとともに救いの恵み
はるかな天から流れ来る
輝く朝の光に包まれ、聖母と幼子
イエス、あなたの誕生に
救い主イエスの誕生

幼稚園にとって、12月17日と18日はクリスマスのクライマックスです。幼稚園全体が喜びに包まれ、あたりに歌声が響きわたるでしょう。なぜなら、特別な祝いの喜びを表す物や精神を携えて、幼子イエスが再びお生まれになるからです。

さゆり・ファミリーの全メンバーに、
クリスマスおめでとうございます。
新年おめでとうございます。


園長 ギ・モリセット
2013.12.1

このページのトップへ