園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

12月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


 (間もなくやってくる)クリスマスおめでとうございます。12月のホームページのために

 クリスマスは子供たちにとって、ケーキやプレゼントなどれられない楽しいときです。

 幼稚園では子供たちに、クリスマスの本当の意味、つまり、クリスマスはマリアさまの息子で、子供たち皆のために生まれてきたイエスさまの誕生日だということを教えます。

 クリスマスが来る前は毎週ろうそくを一本ずつ灯して、クリスマスを迎える心の準備をします。お互いが親切にして困っている人を助け、喧嘩をしないで、幼稚園の友達みんなを愛する心になってクリスマスを迎えるのです。

 私たちは大人にとってのクリスマスは、さらに特別な意味を持っています。神様はこの世を救済するために、一人子をこの世に送って下さったイエスさまの誕生日である12月25日には、次の三つのことをお祝いします。

12月のホームページのために

1.2000年前のイエスさまの誕生を記念する。     
2.イエス様は 私たちのために再び生まれる。
3.イエス様は将来、もう一度この世にいらっしゃる。

 これが教会の教えです。教会はイエス様が再びこの世においでになることを予言しています。それはいつでしょうか? どのようにしておいでになるのでしょうか? それは誰にも分かりません。神さまだけがご存じです。

 クリスマスはこの世の人々の救済に向けて開いている門です。この世を罪から救うために御子を送られる神さまの愛です。キリストは贖い主です。

 クリスマス・シーズンには、てっぺんに星をのせ、飾りのランプを散りばめたクリスマス・ツリーがたくさん見られます。星はキリストのしるしで、ランプは救いの栄光を示しています。キリストは世の光で、私たちの命の闇を照らして下さいます。

キリストがあなたの命、あなたの家族や子供たちをお恵みで照らし、守って下さいますように。

 もう一度、クリスマスおめでとうございます。

 そして、キリストがあなたの御家族全員を祝福して下さいますように。



園長 ギ・モリセット
2012.12.1

このページのトップへ