園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

9月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


 8月も末になり、夏休みが終わろうとしています。子供たちは素晴らしく、またリラックスした楽しい夏休みを過ごすことができたことでしょう。私のところに、事故の報告は何もありませんでした。全員がきっと元気で幼稚園に戻ってくることでしょう。

 さゆり幼稚園を経営するキリスト教教育修士会の創立者、ジャン・マリ・ド・ラ・ムネーは次のように書いています。

 「先生やブラザーは日中、担当している子供たちを食事中も遊び時間も、放っておいてはいけません。なぜなら、先生やブラザーは子供たちの保護者
なのですから」

 先生は自分の生徒を保護し、導き、愛さなければいけません。なぜなら、子供たちは神が造って先生たちに与えたものなのですから。

 子供たちはこれから運動会やクリスマス会やその他いろいろな活動で忙しくなります。そのことを念頭に置きながら、新しい学期を神のご加護のもとにスタートさせましょう。

 今学期を神さまが祝福して下さいますように。また子供たちと保護者の方々を祝福して下さいますように。



園長 ギ・モリセット
2012.9.1

このページのトップへ