園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

7、8月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


にこにこハッピーさゆリング にこにこハッピーさゆリング

今回のバザーについては、準備委員会の皆さんがテーマを非常によく研究して下さいました。全てのことが細かい点までよく考えられておりました。委員会のメンバーだけでなく、ご両親方も、お客様方も、子供たちも、皆さんがにこにこ微笑んでいらっしゃいました。天候まで微笑んでいました。「良い天気に恵まれれば、バザーの半分は成功」と言われていることは、私も知っております。皆さんが幸せな気持ちになってお客様方を微笑ませますから、特にお目出たい日になるのです。今年のバザーは、たくさんの幸せそうな顔が見えていて、格別な日でした。

先ず、準備委員会の皆さま方に、心から御礼を申し上げます。貴重な時間を割いて、さまざまな活動のために何時間も使って下さり、特別な計画を立てて下さいました。お父様方も参加して下さいました。焼きそばや焼き鳥の美味しそうな匂いがあたりに漂っていました。聖光生まで、綿菓子を作って、大勢の子供たちを惹きつけていました。

売上金の一部を、今回の津波で大きな被害を受けた、宮城県気仙沼にある「葦の芽星谷幼稚園」に寄付しました。園長先生をはじめ諸先生方が、皆さまからの貴重な贈り物にたいへん感謝していらっしゃいます。来年三月までに壊れた建物を直して、卒園式をしたい、という計画だそうです。頑張れ、葦の芽! 

バザーを準備して下さった方々、また買い物をして下さった皆さま方に、もう一度、心からお礼を申し上げます。

さゆりの母の会バザーの寄付   葦の芽星谷の幼稚園の津波の後写真
さゆりの母の会バザーの寄付   葦の芽星谷の幼稚園の津波の後写真



園長 ギ・モリセット
2011.7.1

このページのトップへ