園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

4月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


今日から新しい学年が始まります。

さゆり幼稚園

新入園生おめでとう。さゆり幼稚園にようこそ。
年中と年長さん、 頑張ってください。
保護者の皆様、 心から歓迎いたします。

 この新しい年は、新しく入園した子供だけでなく、年中、年長の子供にとっても、人生で非常に大切な時期です。この年齢の子供には、否定的になってはいけません。先生と同様に両親も、子供たちが幸福で、周囲に心を開くことを望みます。しかし、ご存じのように、完全な子供などおりません。子供たちは一人一人がそれぞれ、身体的にも情緒的にも、また社会性も知性も、発達の早さや仕方が違います。

 問題の解決には、ご両親と先生との協力が必要です。ですから、互いのコミュケーション、つまり、ご両親と子供たち、家族と子供たち、そしてご両親と先生のコミュニケーションが大切です。

 さゆりは、ご両親の代わりはできませんが、一緒に歩いてゆきたいと望んでおります。それは教育原理です。

 幼児の教育は両親の責任です。お子様に完全な教育を受けさせるために、両親はこれを幼稚園にゆだね、教育の責任を幼稚園と分かち合います。

 問題が起きたら、すぐさま解決に向けて努力しなければいけません。解決できたら、すぐ先生に報告してください。コムニケーションによって、すべての問題が解決するわけではありませんが、子供たちをより多く理解し、問題の解決を助けます。

 ご家族の中でも、互いのコニケーションが大切です。幼稚園も同じです。今年をコミュニケーション年として、幼稚園の職員との対話の年にしましょう。他の人々に心を開いた、真の家族になりましょう。


園長 ギ・モリセット
2011.4.1

このページのトップへ