園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

12月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


 12月はイエスの誕生について語る月です。クリスマスは宗教的な祝い、クリスチャンの祝いです。そこで、今月はある手紙の中に見つけたクリスマスの話を、園長の言葉として紹介いたします。

クリスマス

これは昔、昔の物語、
聖母マリアの息子、イエスについての物語、
平和と喜びを伝える福音のメッセージです。

寒い冬のクリスマスの朝、
私たちの心は高揚し、
命を与えてくださった方に感謝します。
そして、イエスがずっと一緒に居て下さるよう、
彼の部屋を心の中に用意しましょう。

私たちはイエスに心と命を捧げます。
ほんのささやかな贈り物ですが、
イエスは喜んで下さいます。
私たち一人一人を愛しておられるから。

これがクリスマスのお話。地球上だけでなく、
愛と平和を心の中まで運んで下さるイエスの
誕生日の物語です。

クリスマスおめでとうございます。

 

園長 ギ・モリセット
2010.12.1

このページのトップへ