園長の言葉 MESSAGE

ギ・モリセット園長

7月のホームページのために

園長 ギ・モリセット


 早くも7月がやってきましたが、梅雨明けはまだ先のことのようです。

  6月22日のバザーの日はあいにくの雨でしたが、例年と変わらぬ大勢のお客様が来てくれました。幼稚園の諸行事は園児たちのより良い教育を目指すと同時に、お母様方同士の協力体制を作り上げる良い機会にもなります。特にバザーは保護者同士の思いやりと隣人愛および団結力がないと長い期間の準備や当日のスムーズな運営は難しいものです。雨に降られた今年のバザーを成功させた皆様に深く感謝しております。

  カトリック教会の今月の祈りの意向を見ますと、「共同体の役に立つ献身的な奉仕活動に進んで参加する者の人数が増えますように」となっています。今回のバザーの際の運営委員会を初め、保護者の皆様は、正にその意向を見事に実践なさった姿であると思います。

  7月は、上旬まで梅雨が続きますが、本格的な夏はすぐそこまでやってきています。一学期の終了と共に夏休みに入り、夏季の行事にも入る時期になります。この時期には、一泊修園旅行や七夕も行われ、また7月中の「さゆりナイト」の際には楽しい踊りもできます。修道院のお庭で家族がそろっていっしょにピクニックをすることもできます。このような行事のおかげで、夏の蒸し暑さが忘れられるぐらい、園児たちにとって楽しい時期であるといえると思います。

  一学期終業式の際に、夏休み中に園児たちが守るべき5つのルールについて話す予定です。その5つのルールは次のとおりです。

1.道路と海辺での安全
2.友達と遊ぶ時もけがをしないように
3.けんかはしない
4.お父さんとお母さんのいうことを聞く
5.日常生活の中の挨拶を含め常に礼節を守り、感謝の気持ちを持ちながら毎日を過ごす。

  さゆり幼稚園に関わりのある皆様が楽しい夏休みを過ごすことができるようお祈りし、来る9月の始業式で再び園児と保護者の皆さんの元気な姿を見ることを楽しみにしております。



園長 ギ・モリセット
2008.7.1

このページのトップへ